エマ・ワトソンだから何しても許される美女と野獣

さて今回は今話題の映画「beauty and the beast」実写版について。

これ確かローグワン見に行ったときにたまたま予告で見て、なかなか雰囲気良さそうな印象だったので見に行こうと決めたのを覚えています。

ディズニー版は幼い頃に何回か見たことあったなあ。曲の良さも相まって普通に好きな作品でした。

劇場はほぼ満員。さすがビッグタイトル+有名女優の力と言うべきか。

さて内容はと言うと・・・

 

以下ネタバレ有

 

 

 

ひねくれた物の見方

すみません、これ視聴している自分の立場の話です。

小さい頃は普通に好きだったんですよ。ちょっとずつ近付いていく二人の距離とか、二人を応援する家財のアットホームな雰囲気とか。

でも今の歳になって見てみると・・・う~む、自分ひねくれたかな、と思ってしまいました。

いや作品の総評としては「無難」としておきたいんですけども。はずれではない。頭をからっぽにして童心に帰って見ましょう、という感じで。

 

家財たち

まず、この野獣に仕える家財たちが心底野獣を応援しているように見えない。

見え隠れする「人間に戻りたい」欲求。いや、そこらへんそんなに描写されているわけじゃないので分からないんですけど、

野獣が愛されれば人間に戻れる→焚き付けて恋を成就させるしかない

っという心理を何となく感じてしまう・・・のはやっぱり自分の荒んだ心のせいかな。

ファンタジーを素直に見て楽しめない人は自分自身に問題がある、と聞いたことがある気がします。なるほど、純粋な気持ちで見れないのは自分の責任か・・・

 

野獣

こいつ本当に慈悲とか慈善とか愛する心分かったんか??

物語の内容を要約すると

老人を冷たくあしらう→野獣にされる→城に町一番の美女が流れ着く→結ばれる

こういうことですよね?

??????????????????????

老人に冷たくしてこういう罰を受けたなら同じような状況で慈悲深さを見せないと、普通は何も解決しないのではないでしょうか。

そういう野獣の心の機微ってどこかで描写されてましたっけ?自分が気付けなかっただけかな・・・

親とわずかな時間会話させてあげる→だってベル可愛いんだもん

狼の襲撃から身を挺して守る→だってベル可愛いんだもん

本あげる→だってベル可愛いんだもん

好きになる→だってベル可愛いんだもん

城から出してあげる→だってベル可愛いんだもん

だって可愛いんだもん。

これで全ての行動原理が説明ついてしまう事態って物語のテーマ的にまずいんじゃないでしょうか。まずくないんでしょうか。自分がひねくれてるんでしょうか。

相手がまあまあお年を召したそんなに華の無いおばあ様で、それでも何かと手を尽くして心を通わせて結ばれて最終的に呪いが解けるなら納得なんですけど。

問題は、変わり者だけど町一番の美女が城に来るっていうそもそものストーリー展開な気がします。

最終的に野獣の心のどの部分がどう変わったのかが分からなかったから何とも評価し難い部分はある。野獣としては物語の中で終始同じ心持ちだったのでは。

 

エマ・ワトソンとかいう美女

もういーか!

うん、エマ・ワトソンが可愛いから何でも良い。可愛い。美しい。歌上手い。

変わり者でもなんでも良い。作品の良し悪しもどうでも良い。野獣の心の機微が分からなくてもどうでも良い。オールオッケー!

だって可愛いんだもん。

はい、そう思いました。そもそもこのキャスティングはそれを狙ったんじゃないのか。

全て許されてしまう。

可愛ければ何してもOK!人生イージーモード!野獣ですら親切にしてくれるよ!

これがこの映画の教訓な気もする。

これこそルックスを武器にした力技。

ファンタジーだしね!!美女と野獣最高!!

 

総評

そもそも美女と野獣良いなーってディズニー版見たときに思った要因は音楽だったので、それが劇場で聴けたのでその点満足してました。「beauty and the beast」名曲だねぇ。この曲をアレンジしたインストverが予告編で流れた時点で軽く涙しました。

で、作品の評価を無難としたのは楽しめる人は楽しめると思うからです。何か全体的にミュージカルだし華やかだしエマ・ワトソンは綺麗だしひねくれた物の見方をしなければ普通に楽しめる。こんなファンタジー映画を なんでやねん、どうなってんねん、何で呪い解けるねんとか一回一回素に戻りながら視聴すること自体が野暮なのかもしれない。

あ、同じディズニー制作ということで敢えて比較しますが、「フォースの覚醒」よりは500倍はマシでした。変にスターウォーズ汚して歩くぐらいならピノキオとかアラジンとかを今回みたいに実写化していってくれた方が個人的には嬉しい。

 

っと言うことで「美女と野獣」、まだ劇場でやってるので気になる人は見てみてもいいかもしれません。

今回はここまで。

一代宗師 グランドマスター

今回はグランドマスターについて。

気になってた映画だったけどこれも「葉問 誕生」と同じく見る機会を逃してたので、最近になってようやく見ました。

何か公開当時チャン・ツィイー八卦掌を猛練習したってことで話題になってた記憶。

肝心の内容は・・・

 

これ見よがし

何がかと言うとスローモーション。

どこもかしこもスローモーション。

戦闘シーンでもスローモーション。

水が跳ねるのもスローモーション。

饅頭割れるのもスローモーション。

いや、最後のスローモーションは別にそれで良いのか。

とりあえず映像美を謳ってるのは良いんですけど演出があざと過ぎて結構興醒めしました。

さり気無く映像が綺麗、そういえば意識すると画が綺麗、ぐらいじゃないと個人的にはのめり込めないなぁと・・・特に戦闘シーンであちこちスローモーションにする必要性は無い気がするんだけどなぁ・・・

あと結構これ言われてますけど純粋なカンフー映画じゃなかったですね。

予告編は詐欺だ!みたいなレビューも見かけました。

確かにドニーの葉問とかジャッキーの酔拳とかリンチェイの大地無限とか、そのあたりのノリで純粋に八卦掌をピックアップした映画だっていう認識で見始めると退屈に感じてしまうかもしれません。

葉問が前半部分で各流派の使い手と手合せしながら塔を登っていくシーンは良かった。

そのノリでずっといってほしかった部分は確かにありますね・・・作り手と見る側のベクトルの違いだからしょうがないか。

 

チャン・ツィイー

チャン・ツィイーはとても良かった。やっぱり綺麗な人だなーと。

戦闘シーンでの構えもかっこよかったし様になってました。

本人も凄い頑張って練習したってインタビューで言っていたけど、だからこそ余計な演出とかエフェクトとか入れなかった方が良かったと思うんだけどなぁ・・・誤魔化さなくて良い部分が誤魔化されてしまったような印象です。彼女は悪くないんだけどね。

この撮影の為に会得した八卦掌をメインに、チャン・ツィイー主演で八卦掌ものもう1本ぐらい、それこそ酔拳みたいなノリで作って欲しいところです。

ももうアクション映画出ない宣言してるんだっけ本人は。勿体ない勿体ない。彼女の純粋なカンフーものなら見てみたいです。

 

総評

勿体ない作品。これに尽きる。

雰囲気も良い。役者も良い。アクションも良い。

でも余計な演出と、見る側が期待していた方向性とのギャップで評価がすとーんと落ちてしまっているイメージです。

そういえばこの映画について、「中国人が見るととても泣ける」と中国の方が言ってたのは興味深かった。中国人の方が中国の視点で見ると響き方は変わるもんなのかなーと思いました。ある種の親近感を持って見るとまた違うのかな。

 

余談ですが自分はどれだけ作品内で日本人が雑な扱われ方で、完全なる悪役で描写されようと、映画は映画と割り切っているので、そんなに「なんやねんこの反日映画は!!気分悪いわ!!」とはなりません。この作品でも葉問でもドラゴン怒りの鉄拳でも日本人の描かれ方で作品の印象が変わるってことは特になかったです。

座頭市とか壬生義士伝とかそこらへんの映画は普通に好きだし、実際自身で刀振ったりもするので日本人であることに誇りはあります。

でもこういう映画で、日本を馬鹿にすな!とはなれない。葉問でも「日本人が悪く描かれてる」ってだけで酷評している方がいらっしゃいましたけど、自分はあんまりそういう視点で良し悪し判断してないですね。っと言っても愛国心が無いわけではないのでご了承ください。いや、見る人が見たらそれって愛国心ないってことなのかな。分かりません。

 

っということで前々から気になってて期待してた割にはう~んって感じの映画でした。

一回見れば十分かな。

 

今回はここまで。

about me

さて先日こんな記事を書きましたが、私無類の鉄拳好きです。

lily-trash.hatenablog.jp

そして自身も小さい頃から武道・武術を嗜んでいます。

一番経歴長いのは剣道で道場に10年程通ってましてその後部活でもやっていたので合計12年程。同時に居合と、これはちょっと違いますが殺陣もやっていました。あと手を出したのはテコンドー、カポエイラ合気道、現在進行形で学んでいるのは詠春拳八卦掌です。っということで八卦掌繋がりでシャオユウファンでして、それ繋がりで外見比較をしてみた次第です。今見ると3のシャオユウが全然シャオユウっぽく無かったので面白くて勢いで書いたんですけどね(^^;

鉄拳は3からやりだして、今でもちょこちょこプレイしたりします。キングの投げコンボとか小さい頃一生懸命覚えたなあ。もちろんファランとペクトーサンも好きであとはロウ親子とかウーロンとか使ったりします。鉄拳はモーションキャプチャしてるだけあって格闘スタイルごとの動きが顕著で見てるだけでも面白い。

格闘ゲーム自体も昔から好きでそれこそストリートファイターKOF、バーチャ、鉄拳、ギルティギア・・とこれまたあれこれ手を出してました。

 

他にはちょこちょこ楽器触ったりもするので音楽も好きですし、映画も好きです。純粋に体を動かすことも好きでプール行ったりフットサルしたり器械運動したりもします。

そうです、私凄い雑多な人間です。

そんな感じで好きなものがたくさん。でも苦手なものもたくさん。熱しやすくて冷めやすいです。最近の悩みは習い事が続かないことです。

もちろんその原因は日常の疲労で体力が無いとか他にやりたいことあって時間的に厳しいとか、いろいろあるんですけど今思えば小さい頃って親が送り迎えしてくれたり月謝払ってくれたりで習い事をするという点では至れり尽くせりですねぇ・・・

そして今思えば何故こんな記事を書こうと思ったのかも謎。何となくシャオユウ記事のフォローをしたいだけなのでした。

どうでもいいなこの記事。

凌暁雨 (リン・シャオユウ) シリーズ毎に比較

鉄拳3

f:id:lily_trash:20170517115215j:plain

シャオユウ・・・??

 

鉄拳タッグトーナメント

f:id:lily_trash:20170517115326p:plain

シャオユウ・・・!!?

 

鉄拳4

f:id:lily_trash:20170517115409p:plain

お!シャオユウっぽい・・・!(?)

 

鉄拳5

f:id:lily_trash:20170517115512j:plain

おお!シャオユウ!!

 

鉄拳6

f:id:lily_trash:20170517115549j:plain

だいぶシャオユウ!!!

 

鉄拳タッグトーナメント

f:id:lily_trash:20170517115705j:plain

完全にシャオユウ!!

 

鉄拳7

 

f:id:lily_trash:20170517115803j:plain

シ、シャオユウ??

 

 

・・・顔変わりすぎ。

個人的には、ゲームシリーズじゃないですけどブラッドベンジェンスのシャオユウが一番好きです↓

f:id:lily_trash:20170517115945j:plain

f:id:lily_trash:20170517115918p:plain

f:id:lily_trash:20170517115932j:plain

・・・髪下ろしてたほうが可愛いやんけ。

ゲームで言うとTT2がこれに近いのかな?

 

7でまた少し顔付き変わってしまいましたね。それにしてもグラフィックの変化って凄い。最初と今ではもはや別人。シャオユウに限らずだろうけど。

 

f:id:lily_trash:20170517120133p:plain

ラストのヴェイダー卿の為の映画「ローグワン」

以前STAR WARSについて、そしてフォースの覚醒について記事を書きましたが

http://lily-trash.hatenablog.jp/entry/2017/05/11/121118

http://lily-trash.hatenablog.jp/entry/2017/05/12/172117

今回はSTAR WARSスピンオフ「ローグワン」について。

ネタバレ含みますので未見の方はご注意ください。

今回も少々辛口になってしまいました。

 

「フォースの覚醒」ほどげっそりはしない

まず見終わった感想としては見出しの通り。

これもこれでやはりルーカスSW程自分はのめり込めなかったんですけど、それでも「フォースの覚醒」よりは幾分マシだなと思いました。

ここらへんはラストのヴェイダー卿のシーンで一気に盛り返した感あります。

でも総括としてはやっぱり自分が好きだったSTAR WARSはもうないんだな・・・ってところに集結しますかね・・・

 

良かったところ

・ラストのヴェイダー卿の場面

・CGターキン、レイア

・デススターが惑星を破壊するときの画面の美しさ

 

個人的には以上3点でしょうか。

ヴェイダー卿は文句なしでよかった。満を持して本当にフォースを使える人物が出てきたという大物感もあったし恐怖感、絶望感も出てたのでこれのおかげで作品全体の評価もかなり上がったような印象です。案の定このシーンが良かったっていうレビューも多かったし。そう考えるとダース・ヴェイダーってやっぱり偉大な悪役だなーと思った次第です。

CGターキン、レイアはそっくりさんの顔の上からさらにCG処理をしているそうな。

これに関してはCG感出過ぎとか酷評されてる方も結構いらっしゃいますが、旧作好きとしてはあの雰囲気のキャラがまたスクリーンで見れたことが素直に嬉しかったですね。

最後の1つは主人公チームが惑星と共に吹っ飛ぶところ。純粋に映像美にやられました。何となく滅びの美学ってものを感じられた気がします。

EP4への架け橋となる作品、という時点で主人公サイドが全員死ぬことは視聴前から何となく分かりますし、あとはそれをどう描写していくかだと思うんですけど、消し飛ぶ惑星と共に、っていうのは良かった気がします。デススターも絶望感あったしね。

 

イマイチなところ

ここは敢えて箇条書きにせずに書いていきたいと思うんですけど、やっぱりディズニーのSWにはそこはかとなく「同人」感が漂っている。

それっぽい名前を付けたキャラを半ば強引に、見てる人は置いてきぼりでそれっぽい描写で物語を進行させていくところが何だか素人が書いた小説のような印象でした。

これ初見で誰が誰でどういう関係でどう物語が進行していってるのか説明無しで理解できる人いるのだろうか。

雰囲気は似せるけど肝心なところが説明不足というか、結局今何が起きてるの?ってなるところばかりでした。特に前半部分。

そもそも「ジェダ」って惑星は一体何だったのか。あの岩の形はなに?チアルートって結局ただのフォース信者?説明不足で理解が及ばなかったのは自分の理解力に問題があるのでしょうか・・・

全体的に思わせぶり説明不足溢れ出る同人感

こういう印象だったのでやはりのめり込むことは出来ませんでした。

ドニーは普通にかっこよかったんだけどな・・・でもSWであれやられてもね、って感じで冷めた目線で見てしまいました。いやかっこいいし動きキレッキレなんだけどジェダイよりもシスよりも見た感じ戦闘力ありそうなところが結構な作品否定な気がする・・・いや、かっこいいんだけど・・・

 

結局のところ

自分が愛したSWはもはやこの世にない!あるのはディズニーが作ったSWっぽい何かだ!

っということですかね個人的には・・・

「フォースの覚醒」「ローグワン」とディズニー制作のSWを見て心底そう思いました。

EP8のトレーラーも公開されてますけど、もう既に「地球でロケしました」感が前面に出てて拒否反応が・・・

もう期待するの辞めます。

ユアンマクレガーがオビワンスピンオフ作るなら出たいってコメント出してたことが今後の唯一の楽しみであり希望かな・・・とは思ってますけど、オビワンが出てもこの同人感はどうにも出来ないかもね・・・

もう期待するの辞めます。

でもローグワンはラストのヴェイダーのシーンもあるし、DVD借りるぐらいしようかなーと思ってたのですが、公式がヴェイダーのシーンしっかりYoutubeに上げててくれました。

www.youtube.com

これ大丈夫なのか?(笑)

割とDVDの売り上げに直結しないのかこのシーンの公開。売るつもりないのかな。

とりあえず借りる手間が省けたので「本当にありがとうございます!!」という感じです。

このシーンはやっぱり良いね。

 

余談ですが、この「ローグワン」によってカイル・カターンの存在が完全に無かったことにされたのはちょっと悲しいものがありました・・・分かってましたけどね・・・いざこうやって目の前に現実を突きつけられるとなかなか寂しいもんですね・・・

 

今回はここまで。

葉問 誕生

今日は葉問 誕生について。

葉問と言えば言わずもがな、ドニー・イェンのイメージが強いので、「ドニーが出てないなら見たくない!」「葉問とか序章と同じシリーズだと思ってたのに違うがな!!」って人もいるかもしれない。

実は自分がそうでした(^^;

いや、パッケージとかの雰囲気は良さそうだったし何よりサモハンとユンピョウが出演しているとのことなので、いつか見ようとは思っていたものの、タイミングを逃していました。

で、最近ちょっと時間がありレンタルDVD屋さんで「そういえば・・・」と思って借りて見てみたんですけど・・・

結論としては普通に面白かったです。

 

以下ネタバレありなので未見の方はお気をつけて。

 

腹切りはやり過ぎだとかメイワイ悲惨過ぎだとか結局日本人が悪役かいとかやっぱりドニーの詠春拳見せろとか、叩かれる理由も分からなくはないですが普通に1本の映画として見たら全然面白いレベルだと思います。

 

デニス・トー

ドニーじゃないと!みたいな意見もやっぱりレビューでは散見されるんですけど、いやいや主演のデニス・トーも十分頑張っていたんじゃないでしょうか。

元々武術家だそうなんですけど、それでもドニーの詠春拳には迫力で劣るみたいな意見もあって、まぁそれはそれで分かる。

結局のところ「実際に強い武術家」とか「長年修練している達人」とかと「役者として魅せる武術」っていうのは求められるスキルが全然違ってくるだろうな~と。

ドニーも実際の武術家ですが役者としてのキャリアも長い。差が出るとしたらそこなんだろうなと思います。

個人的には葉問が若い頃の話ということで、デニスの聡明な雰囲気とあの詠春拳で良かったと思います。

サモハンとユンピョウ

サモハンが冒頭で退場してしまったのは少し残念だったけど、何となくそんな雰囲気は最初からありましたね。友情出演的な扱いなのだろうか。詠春拳と言えばサモハンのイメージがやはり映画界でも強いのでしょうか。

そういえば武術系の映画で、咳き込んでいる師父、薬を飲んでいる師父が途中で退場する確率95%ぐらいはある気がします。

サモハンとユンピョウの組手が見れたのは嬉しかった。魅せ方も身体の使い方もさすがの二人でした。

余談ですが、この二人は詠春拳の伝説を描いた「詠春」というドラマでも「レオン・ザン」「ウォン・ワボウ」として共演しており、お互いの詠春拳での立ち合いを披露しています。ちょっと長めですけど面白いドラマなので是非。このドラマについてもいずれ記事書けたら良いな。

「詠春」以来の二人の立ち合いはさすがといった感じでした。

イップ・チュン

そしてさすがと言えばリョン・ビック役のイップ・チュン。詠春拳って飛んだり跳ねたりしないからご年配の方にとっても優れた武術なんだなーと見てて痛感しましたね。

あとは前述した「詠春」というドラマの実在した武術家「レオン・ザン」の名前が出てきたので、何か物語がつながったような気分になりました。(名前については「レオン」とか「リョン」とかいろいろ表記使われてますが)

あの年であそこまで足上がるのは素直に凄いですね。本当にやってるのだろうか。

修練の賜物だな・・・

ルイス・ファン

あとは本家「葉問」「序章」にも出演していたルイス・ファン。

彼も個人的に好きな役者なのでこの配役は嬉しい限り。

序章では盗賊・道場破りの悪役、葉問では改心した友達といった雰囲気で毎回役柄が転々としてる彼ですが今回は主人公の義理の兄弟と見せかけた敵方のスパイという、これまた何とも複雑な設定のキャラでした。

でもルイス・ファンの詠春が見れたのは良かったなー。何故か忍者化してからファイトスタイルがらっと変わってたけど。

何だか同情の余地もある純粋な悪役とは言えないようなキャラでしたねぇ。

こういうのが一番やるせない。

 

っということでいろいろ書き連ねましたが、アクションも多めで本当個人的には楽しめる映画でした。話も分かりやすいし頭空っぽにして見るのにちょうど良いカンフー映画という感じですかね。

ドニーのイメージとか、葉問、序章のイメージを引きずらずに、あくまで1本の独立した映画として見ることをお勧めします。

多分それなりに楽しめるんじゃないかと。

 

っということで今回はここまで。

げっそりする映画「フォースの覚醒」

前回長々と前ふりをしましたが今回は「フォースの覚醒」について

前回の記事↓

http://lily-trash.hatenablog.jp/entry/2017/05/11/121118

 

まず賛否両論と言われる「フォースの覚醒」ですが、率直に見た感想としましては

「なんだこれ」

って感じです。★1つもあげたくないレベル。全然ダメ。やり直し。

なので「面白かった!」って人には本記事の閲覧はおすすめしません。

 

 

で、公開から間もなく劇場に見に行ったのですが、正直見終わって帰るときは本当にげっそりしました。

今まで散々ROM専だったYahoo!映画レビューに生まれて初めて投稿したことを覚えています^^;

っとは言えこの映画のファンも世界中に大勢いるでしょうし面白かったと人もいるでしょうし、全部が全部だめなわけではないのでまずは良い点を挙げたいと思います。

 

良かった点

・過去作のオリジナルキャストが出る

・OPの「STAR WARS」~あらすじをまた映画館で見ることが出来る←これは本当に感動しました

・スクリーンでまたライトセーバーや戦闘機が見れる

 

以下ダメな点

・上記に上げた点以外全部

 

・・・っと書いてしまうと身も蓋も無いですが、結局のところそういうレベルでこの作品には嫌悪感しかない。

冒頭から流血表現が出た瞬間にちょっと嫌な気もしたんですけど、その予感が的中してしまった感じでした。

カイロレン情緒不安定過ぎるし弱過ぎ。主人公いきなりマインドトリックとか過去作のジェダイの修行を否定し過ぎ。ルークがいなくなった理由が身勝手過ぎ。BB8後半空気過ぎ。ハン・ソロの死が軽過ぎ。「光の誘惑」って迷言過ぎ。

 

もう突っ込みどころしか無くて書くのも嫌になってきました。

 

安っぽいんですよね全てが。

 

スノークとかいうCGおじさんもCG感有り過ぎ、顔出過ぎで何の迫力も無いし、っていうかここら辺が「ディズニー感」なんだと思いますけどね。

ルークは何でデススターもどきが惑星攻撃し始めた時も出てこなかったのでしょう?

自分の居場所を巡ってたくさんの人が死んでいると言うのに。

あれでは頼りにならないホームレスのおじさんです。

レジェンズ扱いされてしまったジェダイアカデミーでは威厳もあるし強いし頼りになるのになぁ・・・

そしてライトセーバーの起動音1つ取っても何のこだわりも感じられない。

「フォースの覚醒」という作品自体が、往来のスターウォーズファンを完全に顧客対象外とした客寄せパンダでしかないんだろうなーという印象になるのも仕方ない気がします。

でもあちこちの映画誌では評価高いそうな。そりゃあ天下のディズニーですからね制作が。下手なことは言えないでしょう。買収かもしれないけど。

 

まぁそういう理由もあって、EP1~6、クローンウォーズ、クローン大戦と、今までのSW関連のDVDはコレクションとしても一通り買い集めていましたが、フォースの覚醒は未だにDVDを買っていません。買う気にもなりません。そしてこれがSW史の1作になることを頑なに認めたくない・・・

っとは言えEP8,EP9も公開されるようですし、フォースの覚醒で明かされなかった謎とか伏線が上手く回収されて、シリーズ通して評価が変わればその時に購入することになるのかもなぁとか思ったりしてます。今のところ確率は低そうですけどね。

 

ジョージ・ルーカスの頭の中に広がっている世界・物語が好きだった。

 

多分、旧作からのSWキッズは自分も含めてこういうことなんだと思います。

もう一回作り直して欲しいなぁ~という思いはあれど、これがEP7という位置づけで一般公開されてしまった以上、実現不可なんでしょうねぇ。これから何年経っても。

心から残念でなりません。

 

今回はこのへんで。