げっそりする映画「フォースの覚醒」

前回長々と前ふりをしましたが今回は「フォースの覚醒」について

前回の記事↓

http://lily-trash.hatenablog.jp/entry/2017/05/11/121118

 

まず賛否両論と言われる「フォースの覚醒」ですが、率直に見た感想としましては

「なんだこれ」

って感じです。★1つもあげたくないレベル。全然ダメ。やり直し。

なので「面白かった!」って人には本記事の閲覧はおすすめしません。

 

 

で、公開から間もなく劇場に見に行ったのですが、正直見終わって帰るときは本当にげっそりしました。

今まで散々ROM専だったYahoo!映画レビューに生まれて初めて投稿したことを覚えています^^;

っとは言えこの映画のファンも世界中に大勢いるでしょうし面白かったと人もいるでしょうし、全部が全部だめなわけではないのでまずは良い点を挙げたいと思います。

 

良かった点

・過去作のオリジナルキャストが出る

・OPの「STAR WARS」~あらすじをまた映画館で見ることが出来る←これは本当に感動しました

・スクリーンでまたライトセーバーや戦闘機が見れる

 

以下ダメな点

・上記に上げた点以外全部

 

・・・っと書いてしまうと身も蓋も無いですが、結局のところそういうレベルでこの作品には嫌悪感しかない。

冒頭から流血表現が出た瞬間にちょっと嫌な気もしたんですけど、その予感が的中してしまった感じでした。

カイロレン情緒不安定過ぎるし弱過ぎ。主人公いきなりマインドトリックとか過去作のジェダイの修行を否定し過ぎ。ルークがいなくなった理由が身勝手過ぎ。BB8後半空気過ぎ。ハン・ソロの死が軽過ぎ。「光の誘惑」って迷言過ぎ。

 

もう突っ込みどころしか無くて書くのも嫌になってきました。

 

安っぽいんですよね全てが。

 

スノークとかいうCGおじさんもCG感有り過ぎ、顔出過ぎで何の迫力も無いし、っていうかここら辺が「ディズニー感」なんだと思いますけどね。

ルークは何でデススターもどきが惑星攻撃し始めた時も出てこなかったのでしょう?

自分の居場所を巡ってたくさんの人が死んでいると言うのに。

あれでは頼りにならないホームレスのおじさんです。

レジェンズ扱いされてしまったジェダイアカデミーでは威厳もあるし強いし頼りになるのになぁ・・・

そしてライトセーバーの起動音1つ取っても何のこだわりも感じられない。

「フォースの覚醒」という作品自体が、往来のスターウォーズファンを完全に顧客対象外とした客寄せパンダでしかないんだろうなーという印象になるのも仕方ない気がします。

でもあちこちの映画誌では評価高いそうな。そりゃあ天下のディズニーですからね制作が。下手なことは言えないでしょう。買収かもしれないけど。

 

まぁそういう理由もあって、EP1~6、クローンウォーズ、クローン大戦と、今までのSW関連のDVDはコレクションとしても一通り買い集めていましたが、フォースの覚醒は未だにDVDを買っていません。買う気にもなりません。そしてこれがSW史の1作になることを頑なに認めたくない・・・

っとは言えEP8,EP9も公開されるようですし、フォースの覚醒で明かされなかった謎とか伏線が上手く回収されて、シリーズ通して評価が変わればその時に購入することになるのかもなぁとか思ったりしてます。今のところ確率は低そうですけどね。

 

ジョージ・ルーカスの頭の中に広がっている世界・物語が好きだった。

 

多分、旧作からのSWキッズは自分も含めてこういうことなんだと思います。

もう一回作り直して欲しいなぁ~という思いはあれど、これがEP7という位置づけで一般公開されてしまった以上、実現不可なんでしょうねぇ。これから何年経っても。

心から残念でなりません。

 

今回はこのへんで。