一代宗師 グランドマスター

今回はグランドマスターについて。

気になってた映画だったけどこれも「葉問 誕生」と同じく見る機会を逃してたので、最近になってようやく見ました。

何か公開当時チャン・ツィイー八卦掌を猛練習したってことで話題になってた記憶。

肝心の内容は・・・

 

これ見よがし

何がかと言うとスローモーション。

どこもかしこもスローモーション。

戦闘シーンでもスローモーション。

水が跳ねるのもスローモーション。

饅頭割れるのもスローモーション。

いや、最後のスローモーションは別にそれで良いのか。

とりあえず映像美を謳ってるのは良いんですけど演出があざと過ぎて結構興醒めしました。

さり気無く映像が綺麗、そういえば意識すると画が綺麗、ぐらいじゃないと個人的にはのめり込めないなぁと・・・特に戦闘シーンであちこちスローモーションにする必要性は無い気がするんだけどなぁ・・・

あと結構これ言われてますけど純粋なカンフー映画じゃなかったですね。

予告編は詐欺だ!みたいなレビューも見かけました。

確かにドニーの葉問とかジャッキーの酔拳とかリンチェイの大地無限とか、そのあたりのノリで純粋に八卦掌をピックアップした映画だっていう認識で見始めると退屈に感じてしまうかもしれません。

葉問が前半部分で各流派の使い手と手合せしながら塔を登っていくシーンは良かった。

そのノリでずっといってほしかった部分は確かにありますね・・・作り手と見る側のベクトルの違いだからしょうがないか。

 

チャン・ツィイー

チャン・ツィイーはとても良かった。やっぱり綺麗な人だなーと。

戦闘シーンでの構えもかっこよかったし様になってました。

本人も凄い頑張って練習したってインタビューで言っていたけど、だからこそ余計な演出とかエフェクトとか入れなかった方が良かったと思うんだけどなぁ・・・誤魔化さなくて良い部分が誤魔化されてしまったような印象です。彼女は悪くないんだけどね。

この撮影の為に会得した八卦掌をメインに、チャン・ツィイー主演で八卦掌ものもう1本ぐらい、それこそ酔拳みたいなノリで作って欲しいところです。

ももうアクション映画出ない宣言してるんだっけ本人は。勿体ない勿体ない。彼女の純粋なカンフーものなら見てみたいです。

 

総評

勿体ない作品。これに尽きる。

雰囲気も良い。役者も良い。アクションも良い。

でも余計な演出と、見る側が期待していた方向性とのギャップで評価がすとーんと落ちてしまっているイメージです。

そういえばこの映画について、「中国人が見るととても泣ける」と中国の方が言ってたのは興味深かった。中国人の方が中国の視点で見ると響き方は変わるもんなのかなーと思いました。ある種の親近感を持って見るとまた違うのかな。

 

余談ですが自分はどれだけ作品内で日本人が雑な扱われ方で、完全なる悪役で描写されようと、映画は映画と割り切っているので、そんなに「なんやねんこの反日映画は!!気分悪いわ!!」とはなりません。この作品でも葉問でもドラゴン怒りの鉄拳でも日本人の描かれ方で作品の印象が変わるってことは特になかったです。

座頭市とか壬生義士伝とかそこらへんの映画は普通に好きだし、実際自身で刀振ったりもするので日本人であることに誇りはあります。

でもこういう映画で、日本を馬鹿にすな!とはなれない。葉問でも「日本人が悪く描かれてる」ってだけで酷評している方がいらっしゃいましたけど、自分はあんまりそういう視点で良し悪し判断してないですね。っと言っても愛国心が無いわけではないのでご了承ください。いや、見る人が見たらそれって愛国心ないってことなのかな。分かりません。

 

っということで前々から気になってて期待してた割にはう~んって感じの映画でした。

一回見れば十分かな。

 

今回はここまで。