エマ・ワトソンだから何しても許される美女と野獣

さて今回は今話題の映画「beauty and the beast」実写版について。

これ確かローグワン見に行ったときにたまたま予告で見て、なかなか雰囲気良さそうな印象だったので見に行こうと決めたのを覚えています。

ディズニー版は幼い頃に何回か見たことあったなあ。曲の良さも相まって普通に好きな作品でした。

劇場はほぼ満員。さすがビッグタイトル+有名女優の力と言うべきか。

さて内容はと言うと・・・

 

以下ネタバレ有

 

 

 

ひねくれた物の見方

すみません、これ視聴している自分の立場の話です。

小さい頃は普通に好きだったんですよ。ちょっとずつ近付いていく二人の距離とか、二人を応援する家財のアットホームな雰囲気とか。

でも今の歳になって見てみると・・・う~む、自分ひねくれたかな、と思ってしまいました。

いや作品の総評としては「無難」としておきたいんですけども。はずれではない。頭をからっぽにして童心に帰って見ましょう、という感じで。

 

家財たち

まず、この野獣に仕える家財たちが心底野獣を応援しているように見えない。

見え隠れする「人間に戻りたい」欲求。いや、そこらへんそんなに描写されているわけじゃないので分からないんですけど、

野獣が愛されれば人間に戻れる→焚き付けて恋を成就させるしかない

っという心理を何となく感じてしまう・・・のはやっぱり自分の荒んだ心のせいかな。

ファンタジーを素直に見て楽しめない人は自分自身に問題がある、と聞いたことがある気がします。なるほど、純粋な気持ちで見れないのは自分の責任か・・・

 

野獣

こいつ本当に慈悲とか慈善とか愛する心分かったんか??

物語の内容を要約すると

老人を冷たくあしらう→野獣にされる→城に町一番の美女が流れ着く→結ばれる

こういうことですよね?

??????????????????????

老人に冷たくしてこういう罰を受けたなら同じような状況で慈悲深さを見せないと、普通は何も解決しないのではないでしょうか。

そういう野獣の心の機微ってどこかで描写されてましたっけ?自分が気付けなかっただけかな・・・

親とわずかな時間会話させてあげる→だってベル可愛いんだもん

狼の襲撃から身を挺して守る→だってベル可愛いんだもん

本あげる→だってベル可愛いんだもん

好きになる→だってベル可愛いんだもん

城から出してあげる→だってベル可愛いんだもん

だって可愛いんだもん。

これで全ての行動原理が説明ついてしまう事態って物語のテーマ的にまずいんじゃないでしょうか。まずくないんでしょうか。自分がひねくれてるんでしょうか。

相手がまあまあお年を召したそんなに華の無いおばあ様で、それでも何かと手を尽くして心を通わせて結ばれて最終的に呪いが解けるなら納得なんですけど。

問題は、変わり者だけど町一番の美女が城に来るっていうそもそものストーリー展開な気がします。

最終的に野獣の心のどの部分がどう変わったのかが分からなかったから何とも評価し難い部分はある。野獣としては物語の中で終始同じ心持ちだったのでは。

 

エマ・ワトソンとかいう美女

もういーか!

うん、エマ・ワトソンが可愛いから何でも良い。可愛い。美しい。歌上手い。

変わり者でもなんでも良い。作品の良し悪しもどうでも良い。野獣の心の機微が分からなくてもどうでも良い。オールオッケー!

だって可愛いんだもん。

はい、そう思いました。そもそもこのキャスティングはそれを狙ったんじゃないのか。

全て許されてしまう。

可愛ければ何してもOK!人生イージーモード!野獣ですら親切にしてくれるよ!

これがこの映画の教訓な気もする。

これこそルックスを武器にした力技。

ファンタジーだしね!!美女と野獣最高!!

 

総評

そもそも美女と野獣良いなーってディズニー版見たときに思った要因は音楽だったので、それが劇場で聴けたのでその点満足してました。「beauty and the beast」名曲だねぇ。この曲をアレンジしたインストverが予告編で流れた時点で軽く涙しました。

で、作品の評価を無難としたのは楽しめる人は楽しめると思うからです。何か全体的にミュージカルだし華やかだしエマ・ワトソンは綺麗だしひねくれた物の見方をしなければ普通に楽しめる。こんなファンタジー映画を なんでやねん、どうなってんねん、何で呪い解けるねんとか一回一回素に戻りながら視聴すること自体が野暮なのかもしれない。

あ、同じディズニー制作ということで敢えて比較しますが、「フォースの覚醒」よりは500倍はマシでした。変にスターウォーズ汚して歩くぐらいならピノキオとかアラジンとかを今回みたいに実写化していってくれた方が個人的には嬉しい。

 

っと言うことで「美女と野獣」、まだ劇場でやってるので気になる人は見てみてもいいかもしれません。

今回はここまで。