ゴジラという名の非怪獣映画シン・ゴジラ

さて今日はシン・ゴジラについて。

これも公開当時、久しぶりのゴジラってことであちこち話題になってたので時間作って劇場に足を運びました。

ちなみに今までのゴジラシリーズは結構見てます。小さい頃一回どっぷりハマって一通り見て、社会人になってからは思い出して見たくなったらそれを借りてきて視聴するスタイル。

小さい頃見た「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」はゴジラのブサイクさが衝撃だった。

しかもミニラは予想に反して動いてるところ可愛かった。何故か好きな1作でした。

そして今見ても初代ゴジラは凄いと思う。娯楽の中に上手く反核を落とし込んでいるイメージで、完成されたエンターテインメントだなと思いました。あれも原点にして頂点と言うべきか。初代ゴジラを後のゴジラが越えられない理由も何となくわかる。初代しかゴジラ映画として認めないという人の気持ちも何となく分かる。

話が脱線しましたが、それではシン・ゴジラについて書いていきましょう。

 

面白いかこれ・・・・?

はい、とりあえず見た感想です。面白いんでしょうかこれ。自分はあんまり褒められた一作ではない気がしましたが・・・とりあえず不満な点を箇条書きで

ゴジラが気持ち悪い

ゴジラ出番短すぎ

・動作停止都合良すぎ

・作戦が全体的に都合良すぎ

・最後の演出蛇足すぎ

書いてたら思ったより不満な点出てきました。

 

ゴジラ

今までのゴジラを踏襲しているようで全く別の生物のような印象を受けました。これはこれで評価は出来るんですけどね。おぞましい という点では初代に並ぶかもしれないし、敢えてアンバランスなような体型も別に良いかな・・・と。ただ顎割れるのは個人的にダメでした。画的に気持ち悪い。尻尾からレーザーも個人的には無し。生物というより生物兵器でしたね。ウルトラマンAの超獣みたいな印象。まぁ破壊神の名にはふさわしいのかもしれないですが・・・

あと突然動作停止したりして都合良いなーとか思いました。

とりあえず全体的にゴジラの出番より人間にフォーカスしてた映画だったので、何か怪獣映画見に来たのにNHKのシミュレーション番組を見せられているような気分になりました。

 

作戦の描写

これは別にそんなに書かなくて良いか。あちこちで言われてるし。とりあえずそんな都合良くゴジラ倒れるわけないだろとか。口開くわけないだろとか。そんな高さのビル配置されてないだろとか。一応不満点として上げましたけど個人的には笑えたのでOK。昭和時代の特撮番組みたいでした。自衛隊のテーマはテンションあがりました。やっぱりBGMって大事だね。

 

演出

今回気になったのは「本当に怖いのは人間ね~」とある意味表現することを放棄したようなこの台詞でした。

いや、映画見終わってから「やっぱり一番怖いのは人だな」って視聴者に思わせるのが「表現」というもんじゃないのでしょうか。表現し切る手腕が無かったから台詞で先に答えを提示したってこと?なんかシラケてしまいました。

で、この映画のレビュー見てると高評価してる人に限って「日本の政治が細かく描写されてて良い」「作戦が立案されて実行されるまでの描写がリアルで良い」「これは今の日本を表した映画だ!!」みたいな感想が散々書かれてるんですけど、そもそも「各方面の政治的な描写がリアル」=「怪獣映画としての出来が良い」っていう構図成り立つんですか??自分はあんまり納得できませんでした。等身大の人間の描写なんかどうでも良いから怪獣を出せよと。早口でまくし立てるように喋る人間が次から次へと、しかも変なキャラ付けもされてるせいでうっとうしくてしょうがなかったです。これ登場人物全員ゴジラに吹き飛ばされてバッドエンドだったら神映画でした。巨神兵長編映画にしたような終わり方で良かったと思うのよ。

あとラストシーンの思わせぶりな幕切れは本当に辞めてもらいたい。あとの解釈は人に任せます、って感じで完全に丸投げして尻尾巻いて逃げたようにしか思えませんでした。

「思わせぶりに終わらせたけど続編は作りません。あとはお前ら勝手に想像しろ。」って何じゃそら。納得いかない。

いかんいかん、だんだんボルテージが上がって納得いかない映画感が強くなってきてしまった。

 

総評

これとゴジラの息子どっち見るか聞かれたらゴジラの息子見ます。友達に勧めるとしてもゴジラの息子。FWとどっち見るか聞かれたら悩みに悩み抜いた挙句昼寝すると思います。

あと他の人のレビュー見てると思うんですけど、大体の人が「こんな高尚な映画を高く評価できる俺すげぇ」感が漂っててそれも何か気持ち悪いな~って印象です。

そもそも本当に高尚なものって敷居が高いせいで共感してくれる人が少なくなって、大体マイノリティーになると思ってるんですけど、この作品は何故か高評価多い。

世間的には成功した映画ってことなんだろうからこれはこれで良いんでしょうけどねぇ。

自分は何か終始納得いかんかったです。合う合わないはある、ってことかな・・・

 

余談ですが名古屋で「特撮博物館」行ったときに「巨神兵東京に現わる」は見てたんですよ。こっちは普通に見どころあったし面白かったし見終わった後に余韻があった。

前述したようにこれをそのまま長編映画にしてくれたら良かったのになーとは思いました。ゴジラも別にゴジラの形してなくて良かったと思う。

思えば2016年はゴジラと言いSWと言い、久しぶりに公開されたシリーズ作品が期待を超えずに、がっかりして劇場を後にすることが多かったような思い出です。

次のゴジラがもしあるなら金子修介に監督してほしい。自分は平成ガメラ3部作もGMKも好きです。

 

今回はここまで。